上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
120330_2155~0001
久々の登場です。
最近引っ越しが多くて忙しくて忙しくて
あっ!私の仕事が運送業なんで(*^_^*)
仕事が終わり夜に作業開始。
革を切り出しなんとなくスタート。
120331_0002~0001
菱目で穴を開けパッパとさっさと作業しまする。
120331_0012~0001
2枚の革も貼り付けてやっとチクチク縫っていきますよぉ(*^_^*)
今回は久しぶりにメリケン針を使用します。
ってことはたまぁに指から血がにじみ出るって事ですね((+_+))
こうみえて結構不器用なんです私…。
120331_0016~0001

ここで自作のレーシングポニーの登場です(*^_^*)
前に紹介した販売しているレーシングポニーと少し形が違うのわかりますか???
初代一号機なんですよこれが。
だから実は今販売しているやつの方が使いやすいんですが
なんてったって一号機なので愛着があり手放せません。
120331_0051~0001
こ~んな感じでチクチク縫っていきますが
案の定チクッと指に刺しちゃいました((+_+))
120331_0218~0001

120331_0220~0001

なんだかんだやっているうちに試作の完成です。
コバは磨いてないし中にポケットも作ってませんが
なんとなぁく試作品なんでいいかな的な…。
さぁここから試作じゃなくて実用品考えていこっかな(^u^)
明日革も到着しますので今度は時間をかけて作成していきます。
3つ作りますので楽しみにしてくださいね(#^.^#)


スポンサーサイト
120325_2244~0001
やっと携帯を買い替えました。
8年間使用していた携帯の調子が最近おかしくてショップに
行ったら店員さんに、買い替えたほうがいいですよって
言われてしまい思わずスマホにしちゃいました。
しかし…使い方が…よくわかんないんです…。
習うより慣れろで頑張ってますが
仕事に影響がでたらまずいのでもとの古い携帯を使ってます…。
なんてアナログ人間なんでしょう…。
時代の変化についていけてません\(゜ロ\)(/ロ゜)/

それはさておき、スマホケースを作ろうと思います。
革の在庫が底をついてきたので今ある革でまずは試作品を作ります。
120325_2245~0001
まずはサドルレザーを使用し大まかな切り出しからです。

って…裏地の革がない\(゜ロ\)(/ロ゜)/
夜中の2時だし今週はここまで。
来週革が届きましたらまたアップしますね(^u^)
それまでスマホの訓練しまぁす。

皆様からのコメントを毎日楽しみにしています。
必ず返事を返しますので気軽にコメントおねがいしますね(*^_^*)
本日は画像を出せません((+_+))
昨日とてもショッキングな事件がおきました。
鹿の角と一緒に写してある平べったい方のケヤキがですね…(+o+)
真っ二つに割れてしまったんです…。


昨晩、そのケヤキの芯の部分に木割れがあったので
割れの進行を止めるべく、ポリエステル製の樹脂を流し込み
穴を塞ごうとしたんです。
注射器を使ってチュ~ッて木割れ部分に注入してる時に
ミシミシミシって音がしてたんですが、大丈夫かなぁと思いつつ
さらに注入。樹脂を半分くらいの深さまで入れて、残り半分は次の日に
と思い晩御飯を食べ始めました。
テレビを見ながらゆっくりしているといきなりバンッって
おっきな音が鳴りました。なんだなんだ\(゜ロ\)(/ロ゜)/
結局その日は何の音かわからずに寝たのですが
次の日に樹脂が固まったかを見に行き、板を持った瞬間……。
ケヤキが…パックリ割れてるじゃないですかぁ。
こりゃまいったです。

でも意外に綺麗に割れているので面を処理してフィンガージョイントにて
つなぎ合わせようと思ってます。
その時点で表皮を削らなければならなくなっちゃいました…。

割れた画像はショックのあまりに撮れませんでした。

ケヤキが復活した時に載せますね(^u^)
120318_2248~0001
120318_2251~0001
120318_2252~0001
ケヤキの皮剥きを始め週末に面を平らにしてきました。
ツルッツルです(*^_^*)
皆様にびっくりニュースとともに残念なお知らせがあります。
写真でも見えると思うのですがケヤキのウロを発見しました。
始めは表面に皮があり、さほど深くない様に見えたのですが
ほじくると深い深い…。なんと割り箸の長さ以上あるんです。
どうして割り箸??と思ってませんか??実は割り箸でホジホジしていて
スポッって入ってしまい取れなくなったからです。
すぐに100円ショップへ行きパフェスプーンを買い
改めてホジホジ…。 疲れたので切株のそばでタバコをふかしていると………。
そのウロの中から小さくギィギィと音が…。
最初は何の音か分からずにいたのですがギィギィって音の場所が
切株のウロの中とわかったとたん怖くて怖くてほじれなくなっちゃいました。
懐中電灯を片手に覗いてみると…。
え~~~~~~!!!  クワガタのメスが出没したじゃないですか
\(゜ロ\)(/ロ゜)/
おじさんビックリ仰天ですよ。
冬の北海道、虫カゴなんかありゃしません…。
かわいそうだけどちょっとの間お外に…。
外は白い雪がフワリふわりと綿菓子のように降っています。
10分後、気になって玄関の扉を開いたら…。(+o+)
これ以上はとても書けません…。
なんて事をしたんだと嫁にこっぴどく怒られ
自分も反省しています…。
クワガタファンの方々、本当に申し訳ありませんでした…。

クワガタって越冬するんですね…。

さて、この切株、冒頭にも書いてありますがケヤキなんです。
硬くて硬くて…。そこで札幌は手稲区にありますインタープラス様に持ち込み
電動カンナをお借りしてギュルルルって削ってきました。
インタープラス様は家具什器(店舗の内装や装飾、床の張り替え等)を行っている会社です。
いつも快く工具を貸してくれるのですが実際は迷惑をかけっぱなしで
本当にお世話になっています。
木材加工の知恵袋的存在で色んな事を教えてくれて助かってます。
今度機会があればこそっとですが、そこで働く皆様の写真をupし紹介しますね(*^_^*)

部長や私の同級生、工場長やおじいちゃん、設計マンや
ワトコ職人(オイルメーカーの名前)、気の良い若手職人。
みんな元気いっぱいで活気ある会社です。

また皆様にはご迷惑をおかけしますがよろしくお願いしますね~。
120318_1136~0002
120318_1136~0001
久々のレーシングポニーの注文があり、頑張って作っちゃいました。
今回はお客様より色の指定もあり、黄色でもなくオレンジでもない色と言われたので
こんな色にしてみました。
画像ではわかりませんが光の当り具合によって黄色く見えたりオレンジに見えたりします。
使い方は真ん中の木でできたハンドルを回すと開いたり閉じたりします。

皆様に質問ですが、市販のポニーって使いやすいですか???
私は使いづらくて仕方ありませんでした…。
革を挟む時、薄いものなら挟めるけど、厚底のだと2人必要で1人がググッって開いている
間におりゃぁって挟めるみたいな…。
あと、糸が絡まる…引っかかる…。
横に出ている蝶ナットやボルトが邪魔をしてそこに引っかかるみたいな…。
あとお尻に挟み続けると痛くなる…。

その全てを考慮して今までにない商品を作りたいと思い
スチール製と木製のコラボで誕生したのがこのレーシングポニーです。
もし興味などありましたらメールを頂ければ幸いです。

このポニーの作成は札幌市西区発寒にありますインテリアスチール工芸様
協力によるものです。
そこでは鉄・ステンレス・真鍮・アルミ等色んな
金物を作成している会社で、なんと大型レーザーもあり
パシューって色んな形に切ったり、溶接をしたりしています。
そこでいつも私のワガママで色々作らせて頂いていて
このポニー以外にも沢山作らせていただいてます。
いつも社長や専務には迷惑をかけてすみません…。
この場を借りて謝らせてもらいます。



実物などは札幌の阿部革工房様にあります。
住所はネットで阿部革工房で検索できます。
阿部革工房様はその他に革教室や革製品の販売、オリジナル製品の受付をしていまして
とても良い革を使用し手縫いからミシン縫いまでをしています。
革製品の受注注文は人気が高く場合によっては製作日数がかかる恐れがあります。
ほとんどの革をイタリアンレザーを使用していますので
是非顔をだしてみてくださいね!!!
120314_2146~0001
磨き続けて丁度一週間ですがここまでピカピカになってきました。
画像だけじゃ少し見づらいですが本当にツルツルです。

クスノキは思っているより早く仕上がりそうな感じです。
ただ、まだ木の内部には水分が残っていると思われるので
乾燥は続けなければとも思ってます。
今週末にでも革に刻印を打ってみようかなぁ(^u^)

この後は米ぬかやオカラで磨いて終わりにします。

ケヤキはまだまだかかりそうですよ。
なんせ硬くて作業進行が遅いんです…。
昨日はケヤキの割れが目立ってきたので樹脂を流し込み
割れ止めを兼ねて埋めちゃいました。
またその画像も後ほどアップしますね。

毎日皆様からのコメントを楽しみにしています。
良かったら気軽に送ってくださいね。
出来る限り送って頂いたコメントには返事を書かせて頂きます!!!
120313_2329~0001
週末の日曜日に家族と2回目の千歳国際空港へ行き
ドラえもんに会ってきました。
例の如く私はフラッと別行動し鹿の角のアクセサリーコーナーへ
あ~私もこんなの作ってみたいなぁと…。
革細工に蝦夷鹿の角を使ったらカッコ良いだろなぁみたいな感じで
自宅に帰り早速パソコンにて検索!!!
北海道に住んでいるからこそですが自分で山へ入り
拾ってこようかと(*^_^*)
そしたら札幌に鹿の角でアクセサリーを作っているところを偶然発見。
すぐその工房へ行ってきました。

店の名前は WILD ZERO 様で佐々木様です。
久々の職人らしい工房でワクワクしました。
そこらじゅう角・角・角!!!骨・骨・骨!!!
2時間ほどですがとても楽しい時間を頂きました。
帰りに佐々木様より「もし良かったら角持って行っていいよ」と神の声(#^.^#)
画像の角を頂きました。
これをきっかけにまた何か出来たら報告致しますね。
120309_2005~0001
120309_2006~0001
120309_2045~0001
ここからが大変苦労する作業なんです。
ただひたすらのヤスリかけ…。
正直、もうこれくらいでいいかなと思う日もあり
手を止めてしまうのですが、翌日またちょっと磨くかな…と
まぁとりあえずこのヒビだけはなんとかしなければ…。
これ以上の進行を食い止める為、ヤスリかけが終わってツルツルのところに
おりゃぁっとクルミ油を…。
げげっ!!!真黒になっちゃった((+_+))
こりゃあこのまま進むしかなく…。あとはひたすらサンドペーパーの番を上げつつ
磨き磨き磨きあげるしかない。

なんか思い出すなぁ…、皮革のコバ磨き…。
やってもやってもきりがないみたいな。


本当は合成樹脂や塗料塗ってしまえば一発で終わっちゃうんだけど
それじゃあ木を殺してしまっているようなもの。
やはり自然なものを使い月日をかけて磨いてあげたい。
切株となってしまったといえ、今も木は呼吸してるんだからさ(*^_^*)
皮革と一緒ですよ!!!って最近革細工してないなぁ…。

今後の流れ
   ① クルミ油塗り
   ② サンドペーパーかけ
   ③ ①と②の繰り返し
   ④ 米ぬか磨き
こりゃ切株4つ全部終わるのに1年かかるね…。

がんばれメッセお願いしまぁす。
120310_1605~0001
120310_1640~0001
120310_0943~0001
この画像はクスノキになります。

削って削って平らにしたいのですが下の卓上カンナの幅が足りなくて
結局これも手で削るはめに…。
デカくて重くカンナをかけるにも体力勝負です。

木自体かケヤキよりも柔らかく、加工がしやすいですね。

皮を剥ぐのは簡単でしたが剥いだ後の面を綺麗にするのが大変です。
上の画像の表皮が黒くなっているところを全てベビーサンダーで削り
あとはひたすらサンドペーパーで手作業です。
真ん中のクスノキは削りの完成ですね(^u^)
あとは自宅でクルミ油を塗ってケヤキと同様に磨いていきます。

結構白太部分のひび割れが目立つのでそこの処理が大変ですが
磨き好き???な私の底力の見せ所だと思うので
優しく見守っていてください。

若狭木材さ~ん見てますかぁ???お宅の息子さん(木)順調に成長
してますよ~(*^_^*)

120310_1359~0001
120310_1113~0001
この画像はケヤキです。大きいところで幅87センチ位あります。
見ての通り表面が平らでなかったので自宅にてサンドペーパーで削っていたのですが
硬くて硬くて…。こりゃあ無理と判断…。
早速いつもお世話になっている工場へ行き、電気カンナでズガガガガーっと
それでも硬い…。
まる一日かけてやっと完了しました。
下が削る前で上が削ったあとになります。

これから自宅にてひび割れしないようにクルミ油を塗りながらひたすら
サンドペーパーの120・180・240・320・400・600・800・1000・1500・2000・3000
4000・5000・8000・10000・15000番と粗さを増していき
ピッカピカにしていきます。
我が家の切株たち
今週届いた切株たちの全てです。
自宅の和室にジュウタンを敷き、その上にブルーシートを敷きました。
乾燥の促進の為この後切株の下にタルキを入れて中に浮かせてあげてます。

北海道はまだ沢山の雪があり、外での作業ができないので
自宅の和室で皮剥きしたりヤスリかけをしたり…。
絶対に我が家の奥様から雷様が落ちるのではないかと…。
ビクビクしながら作業しております。

完成まで長い期間がかかると思いますが
興味がありましたら拍手応援願いますね(*^_^*)
平成23年の山菜日記
3月にブログを始め、今回皮革細工とはまったく関係がないのですが
山菜日記もつけていこうと思います。
北海道はまだ雪深く、山菜採りにはほど遠いですが
今からちょくちょく載せていきますね。

この画像は昨年の4月18日のもので、皆様ご存じの山菜です。
タバコの太さ以上はあったでしょうか。今も冷凍庫で眠ってますが
3月末頃に春を感じながらお浸しにして食べちゃおっかな(*^_^*)

上のボールに入っている白い球根みたいなのって何かわかりますか??
ラッキョじゃないですよ!!!
わかった方は是非コメントをお願いします。
※ヒント  食べすぎたら下しちゃいます((+_+))

7日の昼頃、私の車に積込み完了。
3つ入れただけでトランク一杯になり、かなりの重さで車が…。
早速自宅へ持って行ったのですが玄関に入れるだけで1時間もかかりました。
とても2階の部屋まで持っていくことが出来ず急遽和室へ移動。
ここで自然乾燥させ重量を減らす作戦にしようと思います。

じつはこの日の夜、仕事が終わって夜9時頃からクスノキの皮を全て綺麗にはがしちゃいました。
またの報告を楽しみに待っていてください。
ケヤキの切株
3月3日(土)に福井県よりフェリーで5日間かけてやっと札幌に到着!!!
念願の作業台が届きました。
この切株はケヤキでしてとても重く硬い木です。
この他にクスノキもありまして両方合わせてなんと173kgもあるんです。
ど~やって2階に運ぶのぉ~ってな感じです…。

今回この切株は福井県の若狭木材流通センターのお姉さまご協力にて実現致しました。
また、この木材屋さんを教えてくれたのは我が師匠(勝手に私が思い込んでる)
札幌の阿部革工房さんです。
色々教えて頂きとても感謝してます。
クラフトツールボックス
自作ですが道具の量が増えてしまい管理しきれなくなってきたので
ヘリ落としやポンチなどを立てられるものを作成しました。
硬いクルミの木に穴をあけただけなのですが、とても使いやすく
作業台の上もきれいにまとまりました。
P2240116.jpg
ただいま刻印の打ち台を作成中。
とても良い切株(ケヤキ)が手に入り、今週本州より北海道へ送られてきます。
まだ乾燥がしっかりされていないらしく、わが工房(自宅)にて10年かけて乾燥させようと
思っています。
画像等が準備出来次第、載せていきますので暖かく見守っていてください。
120220_1805~0003
ナイフケースの注文を頂き、やっと完成しました。
ナイフの厚さがあった為、床革を使用して高さを出しスムーズに出し入れ出来るようにしてみました。
さっそく注文主様にお届けに上がると出来栄えに感動し、その場で財布の注文をいただきました。
ご注文ありがとうございます。

プロフィール

四藤

Author:四藤
札幌市に住んでいる四藤と申します。
2012年の3月に手探りでスタートしました。
パソコンがとても苦手で不慣れな点が多いですが
よろしくお願い致します( ^^) _旦~~
主に革細工に関する事や、それにともなう自作ツールアイテム
他の趣味の事を載せていこうと思ってます。

カテゴリ
カレンダー
03 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。